カテゴリ
全体
入会のご案内
あいち炭やきの会規約
会員の皆様へ
会員の活動報告
ブログの利用の仕方
未分類
以前の記事
2016年 11月
2016年 09月
2015年 10月
2012年 11月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
フォロー中のブログ
野菜づくりと地球とわたしたち
村井邦彦の公式ブログ


カテゴリ:会員の皆様へ( 35 )

斎藤役員よりご案内 緑のダムづくり

斎藤役員より「緑のダムづくり」作戦のご案内です。

開催日時
平成20年11月2日(日)午前10時~午後2時(受付午前9:30より)少雨決行

会場
段戸西川地区(設楽町田峯字西川地区)
現地連絡先(三河炭やき塾 TEL0536-64-5470 0536-64-5468 FAX0536-64-5470)

参加費
500円(苗木代、昼食代、傷害保険等の負担分として)当日徴収

参加申し込み先
三河炭やき塾(同現地連絡先)諸準備の人員把握のため、電話、FAX、手紙等で申し込みをしてください。(10月30日必着)

その他
参加募集人員 300名
植林用苗木 1000本
植林方法 植穴伏せ焼き法&植穴置き炭法
昼食等の用意はしていますので植林できる少し暖かい服装でご参加下さい。

※段戸路は紅葉のシーズンです。会場の山には数百本の煙が上がります。切り出した材を使って沢山のログドラム(丸太の太鼓)を作り森の命を奏でます。昼食時にはヘボや川魚、猪の丸焼き等山の幸を予定しています。

主催 豊橋ちぎりライオンズクラブ
共催 三河炭やき塾
協賛 NPO森を再生する会 あいち炭やきの会
[PR]
by aichi-sumi | 2008-09-27 05:26 | 会員の皆様へ

筒井役員よりご案内

12月に名古屋で以下のシンポジウムがあります。炭に関わる講演もあるようです。
e0122208_15135745.jpg
e0122208_15143155.jpg


木質廃棄物を炭化しバイオコークスとして利用し、ウッドセラミックスを製造する発表があるようです。
[PR]
by aichi-sumi | 2008-09-19 15:16 | 会員の皆様へ

日本木炭新用途協議会のブロック研修会のご案内

日本木炭新用途協議会よりブロック研修会のご案内がありました。
e0122208_152914.jpg
e0122208_1524726.jpg

[PR]
by aichi-sumi | 2008-09-19 15:02 | 会員の皆様へ

台湾における環境保全セミナーのご案内

(社)全国燃料協会より台湾における環境保全セミナーの視察研修旅行の案内がありましたのでご紹介します。

e0122208_14401568.jpg

[PR]
by aichi-sumi | 2008-09-19 14:52 | 会員の皆様へ

炭による土壌改良研修会のご案内

炭による土壌改良研修会のご案内
主催 あいち炭やきの会

日時2008年9月6日(土)9:00~14:00ごろ
場所常滑市大谷 ㈱M-easyの農園
e0122208_8271232.gif



目的
会員土壌改良目的の炭の生産研修
        農地への効果的使用の研修、実施農地の見学
 一般炭の土壌改良によるCO2の固定を体験
        カーボンオフセット農産物を見学

人数40~80名
駐車スペースが限られているので、なるべく乗り合いや公共交通機関をご利用下さい。希望者には駅までの送迎をします。
会員以外の一般の方も参加呼びかけします。ご家族ご近所誘ってご参加下さい。

研修内容
竹林内部でポーラス炭の生産現場を見学(竹やぶに入りますのでサンダル履き等は不可)
会員が持参する竹炭、木炭を粉砕実演する テサキ製作所の粉砕機
粉砕した炭を農地へ散布する
すでに炭の入っている農地を見学(無農薬、無化学肥料、不耕起栽培)
カーボンオフセット農産物の試食会

費用等
 研修会は無料ですが、試食会参加者には多少実費の負担をお願いするかもしれません。(当日現地徴収)

参加申し込み、お問い合わせ
竹内匡史携帯:080-1952-7365 電話&FAX:0569-37-1770
E-mail:m-takeuchi@m-easy.co.jp
加藤久義電話:052-933-4572 FAX:052-931-8261 
E-mail:dream-charcoal@sf.starcat.ne.jp
神野悦夫  携帯:080-5169-3964 FAX:0562-57-3264
E-mail:uycp4@suite.plala.or.jp
[PR]
by aichi-sumi | 2008-08-25 08:28 | 会員の皆様へ

火入れ式のご案内

竹内です。

会員の南雲さんから、火入れ式のご案内です。

日時:7月12日(土) 14:00~
場所:藤江小学校(東浦町)

白炭窯、黒炭窯の二基を同時に火入れします。

会員の方も、一般の方もご自由に参加できます。

お問合せ先 090-4859-3396(南雲)


注:会場は小学校ですので飲酒などはできません。あらかじめご了承下さい。
[PR]
by aichi-sumi | 2008-06-21 20:36 | 会員の皆様へ

ポーラス炭の作り方

竹内です。

5/18のポーラス炭講習会で静岡県炭やきの会の山本剛先生に教わった内容です。

・場所の選定について
e0122208_8573824.jpg
平地でよい。穴を掘る必要はない。雑草が生えていてもよいが、枯れ草が多いところは好ましくない。
竹林が最も安全。竹林は山火事にならず、海外では山火事の防火帯として竹林を使っている事例もあるとのこと。
雨の日にやるのが好ましい。

・炭材
竹ならば何でもよく、枝、葉も使える。枝打ちをしなくてもよい。長いままでよい。
炭材は燃焼場所に垂直に置くと使いやすい。

・点火
e0122208_8323296.jpg
こだわって竹の枝に点火。他のものは使わない。

・燃焼
e0122208_858389.jpg
炭材の竹を上に置いていく。竹は同じ方向に寝かせて置いていく。途中に空気の通りがよくなるように枝つきをはさんだり工夫をしていた。

・消火開始
e0122208_8375312.jpg
燃焼中から熾きになった部分めがけて水をかけていく。
未炭化の部分はもう一度燃焼部分に放り込む。
e0122208_8401075.jpg


・完全消火
e0122208_8404821.jpg
水をかけて丁寧にかけていく。
丁寧に消火しないと、再び燃焼を始める場合がある。

・袋詰め
袋に詰めて完成。量を量ろう。


e0122208_859391.jpg
地元の会員と静岡県炭やきの会のみなさま
準備、ご指導ありがとうございました。
[PR]
by aichi-sumi | 2008-06-19 08:41 | 会員の皆様へ

総会 講演会の様子

竹内です。

いろいろあって大変遅くなりましたが、総会のときの講演会の様子です。

e0122208_87453.jpg
柴田晃氏

e0122208_881211.jpg
杉浦銀治氏
なお、この度、銀治先生はあいち炭やきの会の顧問に就任しました。

e0122208_813584.jpg
山本剛氏

e0122208_8143887.jpg
陳文祈氏

e0122208_8151770.jpg
斎藤和彦氏

e0122208_8153812.jpg
鬼頭俊雄氏


講演会の内容の一部は次回のすみびとに掲載する予定です。


集合写真。
e0122208_8523238.jpg

[PR]
by aichi-sumi | 2008-06-19 08:16 | 会員の皆様へ

すみびと8号完成

たけうち@編集委員です。

苦労の末、すみびと8号の印刷が終了しました。17日の総会および、総会後の郵送にて会員のみなさまへは配布します。

今回は22ページ大ボリューム、台湾竹炭研修特集があります。

400部弱印刷しましたので、知り合いに配布するためにたくさんほしい会員の方はご連絡下さい。

また、pdfファイル形式でほしい方にも配布します。印刷よりも写真が鮮明です。
こちらへご連絡下さい。m-takeuchi@m-easy.co.jp
[PR]
by aichi-sumi | 2008-05-10 21:04 | 会員の皆様へ

台湾研修参加者のみなさんへ

たけうちです。

5月17日の総会のときに、台湾で撮影した写真の展示(コンテスト)を行います。

いい写真があって展示したい方は、プリントしたものを当日ご持参ください。
総会出席ができない方は、他の総会出席会員に託すか、無理な場合は竹内まで郵送またはメールで送ってください。

枚数は1人5枚とします。
サイズはA4までとします。

全員が写った記念写真および、専門的な価値のある写真(窯の写真)については、コンテストにはかけず、竹内がまとめて担当し、適切なものを選択して展示します。
記念写真および窯などの詳細な写真をお持ちの方は竹内まで送ってください。

<送り先>
〒479-0806  常滑市大谷奥條97  電話0569-37-1770
↑CD-R、リムーバブルディスク、プリントアウトしたものなどで郵送してください。

m-takeuchi@m-easy.co.jp
↑画像を添付して送ってください。

参加者のみなさんに、集めた写真をDVD-Rに入れたものをお配りする予定です。
[PR]
by aichi-sumi | 2008-03-28 20:06 | 会員の皆様へ