カテゴリ
全体
入会のご案内
あいち炭やきの会規約
会員の皆様へ
会員の活動報告
ブログの利用の仕方
未分類
以前の記事
2016年 11月
2016年 09月
2015年 10月
2012年 11月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
フォロー中のブログ
野菜づくりと地球とわたしたち
村井邦彦の公式ブログ


<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブログの楽しみ方、ステップアップ講座

竹内@広報担当です。

○ブログというものを初めて見る方へ

一般会員の皆さんには現在のところパスワードをお伝えしておりません。
ひょっこりここのブログにたどり着いた人も、当然パスワードを知りません。

しかし、パスワードを知らなくても、ログインができなくても、ここのブログに参加することができます。


○ほしい情報を効率的に見るには
左側にカテゴリという欄があります。
現在は上から順に、
  全体
  入会のご案内
  あいち炭やきの会規約
  会員の皆様へ
  会員の活動報告
  ブログの利用の仕方
  未分類
と書かれています。

必要な箇所をクリックすれば、そのカテゴリーの情報だけを見ることができます。
ブログが良くわからない人は、まずブログの利用の仕方を選択して見てください。
私がなるべく初めての人のために解説を書いていくつもりです。


○コメントを残したいときは
ログインをしなくてもコメントを残すことができます。

それぞれの記事の最下部に
・・・・・・ | Trackback | Comments(2)
という文字があります。

(Trackbackはとりあえず無視してください。)

Commentsという文字をクリックすると、そこの記事に対してメッセージを残すことができます。記事に対する質問でも良いですし、意見を書いても良いです。
カッコ内の数字はコメントの数です。(0)というのは、コメントが無い、という意味です。

コメントには、ログインしている人しか見られないものと、誰にでも見られるものがあります。

私はときどき、ログインしている人にしか見られないコメントを残しますが、この内容は、記事をちょっと修正しましたよ、とか、書き込みをした人へのちょっとした連絡です。一般の読者の方はあまり気にしないで下さい。

コメントを残すには、Commentsボタンをクリックしたときに出てくる四角い枠の中に文章を書き込んでください。

他人に自分のコメントを見てほしくない場合は、非公開コメントというところにチェックを入れてください。パスワードを持っているログインした人にしか見ることができません。
(現在パスワードを持っている人はあいち炭やきの会の役員のみです)

最後に送信をクリックすれば、コメント書き込み終了です。
[PR]
by aichi-sumi | 2007-07-05 23:47 | ブログの利用の仕方

第3回 みんなで地球・愛 ワッショイ! 開催しました。

鬼頭です。

第3回みんなで地球・愛ワッショィIN豊田スタジム開催しました。

以下、講演会案内より抜粋です。

 自然環境と人間・社会環境の保全と改善・発展のために市民・住民大交流と同時に、愛・地球博理念継承・発展のために持続可能な地球大交流を行う。

平成19年6月23日・24日am10~pm5時

<地球環境を救う微生物と炭・講習会の部>
主催:NPO法人矢作川と三河武士フォーラム
会場:豊田市豊田スタジアム内 
司会 加藤久義
<スケジュール> 
 6月23日  
 開会挨拶 鬼頭俊雄 

●炭やきと砂漠とタドン
講師:杉浦銀治 氏 国際炭やき協力会会長 炭やきの会副会長

● 硫黄酸化物による樹木の立ち枯れと気候変化、炭による立ち枯れ防止と二酸化炭素の削減
講師:大森禎子 氏 元東邦大学理学部教授             

●タイの炭やき事情
講師:広若剛士 国際炭やき協力会事務局長

●白砂青松再生のこと
講師:小川 眞 氏 大阪工業大学リエゾンセンター長 環境工学科客員教授 微生物緑化研究会会長

●アトピーなどの皮膚障害について
講師:磯部善成 氏 医学博士(京都大学)いそべ クリニック院長

●炭と土着有用微生物による水質及び自然環境の浄化活動の実践と使用素材について
講師:鬼頭俊雄 氏 NPO法人矢作川と三河武士フォーラム理事長

持続可能な第3ミレニアム(千年紀)を目指して
司会 古澤礼太(愛・地球プラットフォーム理事長)
パネリスト
●太田 稔(愛知教育大学名誉教授)太陽系文明と惑星地球
●高野雅夫 (名古屋大学環境学研究科准教授)―40億年の生命と地球の共進化―
●舛山誠一(中部大学経営情報学部、元野村総合研究所)中国、インドなどの人口大国の台頭と日本産業の持続的発展
●安達節子(名古屋ユネスコ協会理事長)持続可能な平和を目指して

6月24日  
 開会挨拶    鬼頭俊雄
●白砂青松再生のこと
講師:小川 眞 氏 大阪工業大学リエゾンセンター長 環境工学科客員教授 微生物緑化研究会会長

●炭やきと砂漠とタドン
講師:杉浦銀治 氏 国際炭焼き協力会会長 炭やきの会副会長

●高校における水質及び自然環境の浄化活動について
講師:北川好伸 氏 静岡県天竜林業高等学校校長 学生の皆さん

●炭と微生物による環境浄化事例
講師:吉澤秀治 氏 明星大学理工学部環境システム学科教授

●硫黄酸化物による樹木の立ち枯れと気候変化 炭による立ち枯れ防止と二酸化炭素の削減
講師:大森禎子 氏 元東邦大学理学部教授

●松山市明神川他の川の浄化実施例
講師:尾上 清利氏 愛媛大学

●炭と土着有用微生物による水質及び自然環境の浄化活動の実践と使用素材
講師:鬼頭俊雄 氏 NPO法人矢作川と三河武士フォーラム 理事長

●閉会挨拶 加藤久義 あいち炭やきの会会長


以下はNPO法人矢作川と三河武士フォーラムへのHPのリンクです。
  http://www.hm7.aitai.ne.jp/~emexpo21
  http://www.hm2.aitai.ne.jp/~y-and-m 
E-mail:emexpo21@hm7.aitai.ne.jp
[PR]
by aichi-sumi | 2007-07-05 11:49 | 会員の活動報告

炭と農業

竹内匡史です。

私の活動を報告したいと思います。

私は「炭と農業」を自分なりにテーマと位置づけてあいち炭やきの会と関わっているつもりです。

農業関係の会社をやっています。そちらの活動はブログがありますのでよろしければこちらをご覧ください。
http://mt14measy.exblog.jp/

炭やきとしては、以前からときどき土壌改良用にもみ殻クン炭を焼いていました。
これからは、炭やきの煙利用、熱利用、CO2利用、木酢液利用も農業に応用できると考えています。
[PR]
by aichi-sumi | 2007-07-02 00:19 | 会員の活動報告

会報「すみびと」発行の予定

竹内@広報担当です。

8月中に会報すみびとを発行することが昨日の役員会で決定しました。

原稿は7月末まででひとまず受け付けたいと思います。
原稿がある方は加藤会長までお送りください。


次回会報すみびとでは、6/23,24の豊田スタジアムでの講演会の話を掲載する予定です。
掲載許可を取る必要がありますので、内容についてまだここではご報告できません。


会報すみびとを読みたい方は、あいち炭やきの会に入会をしてください。
[PR]
by aichi-sumi | 2007-07-02 00:11 | 会員の皆様へ

広報担当竹内よりご連絡

竹内@広報担当です。

昨日の役員会により、正式にあいち炭やきの会のブログが開始されました。
今後の発展にご協力ください。

○記事の投稿について
新しく記事を投稿するには「ログイン」する必要があります。
ログインするにはエキサイトIDとパスワードが必要です。

エキサイトIDとパスワードは役員会で役員の皆様に配布しました。
記事投稿を希望する会員の方は、役員に連絡をとり了承の上、パスワードを教えてもらってください。パスワードは他の人に口外しないようにしっかり管理してください。

パスワードを教える役員の方は、責任を持って判断をしてください。むやみやたらにパスワードを広めるということはしないでください。
パスワードを教えてもらった会員の方は、その旨を加藤会長までお伝えください。

1.画面右上に「ログイン」という文字があり、そこをクリックしてください。画面が切り替わります。

2.左側にエキサイトIDとパスワードを記入する欄があります。そこに半角で文字を打ち込み、ログインのボタンをクリックしてください。画面が切り替わります。

3.画面右上に、「投稿」という文字があります。そこをクリックすると投稿の画面に切り替わります。

4.投稿画面でカテゴリーをまず選択します。適切なカテゴリーが見つからない場合は、とりあえず「会員の活動報告」を選択してください。私が後ほど適切なものに変更し調整します。

5.タイトルと内容に文章を書き込んでください。ご自分のホームページなどにリンクをしてほしい場合は、とりあえずアドレスを記入してください。後ほど私が適切に処置をします。

6.写真を掲載したい場合は、画像アップロードというところの「参照」というボタンをクリックしてください。小さい画面が現れるので、その画面内にある「参照」というボタンをクリックしてください。ファイル選択画面が現れます。ファイル選択後、アップロードというボタンを押してください。

7.すべての書き込みが終了しましたら、一番下の「送信」というボタンを押してください。


変換間違い、誤字、不適切な表現がありましたら、後ほど私が編集しなおすことがあります。そのことをご了承ください。
まずは間違いを恐れずに挑戦してみてください。
[PR]
by aichi-sumi | 2007-07-02 00:02 | ブログの利用の仕方