カテゴリ
全体
入会のご案内
あいち炭やきの会規約
会員の皆様へ
会員の活動報告
ブログの利用の仕方
未分類
以前の記事
2016年 11月
2016年 09月
2015年 10月
2012年 11月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
フォロー中のブログ
野菜づくりと地球とわたしたち
村井邦彦の公式ブログ


真夏の夜・竹灯篭を楽しみませんか

神野です。
8月盆の入り(8月13日)にお寺(大興寺)の境内いっぱいにさまざまな竹灯篭が飾られ幻想的な光の世界が出現します。地区の盆踊りとセットになって賑やかに開催されますが、会員の横山さん・山本さんが中心になって準備されています。この地区では珍しいと思いますし、たいへんな力作ぞろいです。詳細は次の通りです。お近くの方は見に来てください。 日時 8月13日(本番点灯)8月11日(試験点灯) 7時~9時ごろまで 場所知多市大興寺 大興寺境内(だるま寺の愛称で有名です) 雨天中止
[PR]
# by aichi-sumi | 2009-07-18 23:19 | 会員の皆様へ

美浜松露研究会で松炭を焼きます。

神野です。
炭焼きのお手伝いをお願いします。
6月27日(土曜日)から美浜の松露研究会が、今年の1月・2月に松露試験地の整備をした際運び出した枯れ松を炭に焼きます。町有の備長炭窯を使って黒炭の焼き方でやります。27日に炭材詰め込み作業を行いますが人力と道具(チェンソー・小型トラック等)が必要ですのでご協力をお願いします。27日以降は火の管理で3~4日交代で付く必要があります。力は要りませんが自燃が始まるまでずっと火の番をしています。炭化が終るのに1週間ほどかかります。7月末ごろ窯から炭を出し、炭割り機で粉炭にします。この粉炭を来年2月に松苗を植える祭に使います。枯れ松を有効利用し松林の再生を進めて行きます。2月に植えた松苗は少し枯れたのもありますが大部分は元気に育っております。秋には松露がたくさん出るのを心待ちにし皆さんに報告できるのを楽しみにしております。急な連絡で申し訳ありませんが大勢の皆さんのご協力をお願いします。27日は9時に美浜総合公園北の備長炭窯に集合です。詳しいことは神野(080-5169-3964)までお問い合わせください。
[PR]
# by aichi-sumi | 2009-06-13 07:14 | 会員の皆様へ

総会の後に講演会を開催しました

竹内です。

5/23のあいち炭やきの会の総会の後に講演会を開催しました。
e0122208_21535588.jpg

e0122208_21541152.jpg
小久井農場の小久井社長。炭を混ぜた堆肥を使った大規模農業を実践。

e0122208_21543236.jpg
国際炭やき協力会広若剛氏。国際バイオチャーイニシアティブアジアパシフィック会議の内容を報告。
e0122208_21545214.jpg
パネルディスカッションの様子。
[PR]
# by aichi-sumi | 2009-06-11 21:57 | 会員の活動報告

美浜で松露がでました

神野です。美浜町奥田海岸の知多美浜松露研究会が行っている試験地で今年も松露が出ました。3月の始めに15個出、その後ぽつぽつ出て3月末までに全部で20個出ました。去年より少ないですが出る場所が少しずつ広がってきましたので確実に菌根菌が増えていると思われます。うれしいことです。2月に皆さんで植えてもらった松苗も元気でがんばっています。こちらにも早く松露が出ることを待っています。4月からも色々な作業やイベントを予定していますので、参加お手伝いいただけるようお願いします。
e0122208_63232.jpg

[PR]
# by aichi-sumi | 2009-04-03 06:07 | 会員の活動報告

美浜町奥田海岸で松苗を植えました

神野です。
2月15日(日曜日)に知多美浜松露研究会が美浜町奥田海岸の試験地にて松苗を植えました。松露研究会では6年前から枯れた松を切り、松苗を植え、落ち葉かきや下草刈をして松林を再生する活動をしてきました。昨年3月には植えた松の根本に松露と言うキノコが発生しました。これは松が元気に育っているというしるしです。今回は2月8日に隣接する場所の枯れ松を切り炭窯のあるところへ搬出し、根っこを掘り起こし肥沃な表土を取り除きました。そこへ島根県から取り寄せた松枯れに強く松露菌が根に付いた苗木を350本とついてない苗木を100本ほど植えました。研究会のメンバーを始めあいち炭やきの会からも応援をもらい老若男女総勢30名以上で行いました。植え穴を掘り中に炭を入れ植えました。炭は炭やきの会会員の協力で竹林整備で焼いた竹炭と枯れ松を焼いた松炭、里山整備で焼いた木炭を粉にして入れました。1本に1kg.づつ入れましたので今回で450㎏の炭素が地中に固定され、CO2にするとやく1.35トンが削減されたことになります。4月以降も今まで以上に活発に活動をする計画ですので、皆様のご協力をお願いします。うまくすると3月には試験地に松露が出るかもしれませんので楽しみにしています。出たらまたお知らせします。
[PR]
# by aichi-sumi | 2009-02-18 04:59 | 会員の活動報告

白砂青松再生のイベント@美浜町

2/15に美浜町で白砂青松再生の会会長の小川眞先生の講演があります。
同時にクロマツの保安林の再生のためにクロマツ植樹活動を行います。
JAPICの松林さんも伊勢湾再生プロジェクトの話をすることになると思います。

講演会は有料(未定)で、収益はすべてマツの苗代にします。
なるべくたくさんのマツを植えたいので、大勢の参加者を集めたいということです。

トラックをお持ちの方は(軽)トラックで来ていただき、枯れたマツを炭焼き窯まで
運ぶのに協力をお願いしたいです。
炭化したマツは、マツと松露再生のためにマツ林に埋め戻します。

2/8は事前準備日です。こちらも人手が必要となります。

主催は知多美浜松露研究会で、あいち炭やきの会のバックアップ体制です。
みなさんのご協力お願いします。
[PR]
# by aichi-sumi | 2009-01-09 08:56

美浜で備長炭を焼きます

美浜備長炭研究会が備長炭を焼きます。
和歌山の玉井名人が作った窯で、この地方では珍しい白炭を焼く大きな窯です。
今回は2回続けて焼きますのでできばえが期待できます。
日程は下記の通りです。見所は精錬の時の芸術的な炎の動きと、遠赤外線たっぷりの灼熱を体感できるところです。めったに体験できませんのでこの機会に是非経験してみてください。
     記
第一回目
11月17日    炭材切り出し
    18日    窯詰め
19日~25日   窯たき
    26日    精錬・窯だし
第二回目
11月27日    窯詰め
28日~12月4日 窯たき
    5日     精錬・窯だし
見学希望の方は、じんの(080-5169-3964)まで連絡下さい。詳しい内容や日程をお知らせします。
[PR]
# by aichi-sumi | 2008-11-16 21:29 | 会員の皆様へ

大森禎子先生の講演会がありました

神野です。
10月20日(月曜日)18:00~20:00
東京都千代田区平河町の厚生年金会館にて社団法人日本河川協会主催で大森禎子先生の講演会がありました。テーマは「硫黄酸化物と樹木の立ち枯れの関係」
化石燃料の燃焼により発生する硫黄酸化物がいかに全地球を汚染しているかを世界中の調査データーとその理論的裏づけにより警鐘を鳴らしておられ、その対策として炭を焼いて地球に埋め戻すことが炭酸ガスの削減と汚染土壌の活性化に役立つかを熱心に説かれました。
平日の夜にもかかわらず100名近い参加者があり皆さん熱心に聴講されていました。炭焼き関係者も杉浦銀冶先生はじめ愛知から加藤会長ら4名、静岡から山本剛さんら3名が応援に駆けつけました。講演終了後場所を移して懇親会が行われ賑やかに楽しく交流がもたれました。翌日は、杉浦銀冶先生の案内で、林友ビル内の林政関係機関や林野庁(特用林産対策室)・全国燃料協会を訪問しあいち炭やきの会の活動状況説明・2010年のCOP10名古屋開催に合わせて国際バイオチャー会議の開催へのPR及び協力支援をお願いしてきました。
[PR]
# by aichi-sumi | 2008-11-04 21:15 | 会員の皆様へ