大森禎子先生の講演会がありました

神野です。
10月20日(月曜日)18:00~20:00
東京都千代田区平河町の厚生年金会館にて社団法人日本河川協会主催で大森禎子先生の講演会がありました。テーマは「硫黄酸化物と樹木の立ち枯れの関係」
化石燃料の燃焼により発生する硫黄酸化物がいかに全地球を汚染しているかを世界中の調査データーとその理論的裏づけにより警鐘を鳴らしておられ、その対策として炭を焼いて地球に埋め戻すことが炭酸ガスの削減と汚染土壌の活性化に役立つかを熱心に説かれました。
平日の夜にもかかわらず100名近い参加者があり皆さん熱心に聴講されていました。炭焼き関係者も杉浦銀冶先生はじめ愛知から加藤会長ら4名、静岡から山本剛さんら3名が応援に駆けつけました。講演終了後場所を移して懇親会が行われ賑やかに楽しく交流がもたれました。翌日は、杉浦銀冶先生の案内で、林友ビル内の林政関係機関や林野庁(特用林産対策室)・全国燃料協会を訪問しあいち炭やきの会の活動状況説明・2010年のCOP10名古屋開催に合わせて国際バイオチャー会議の開催へのPR及び協力支援をお願いしてきました。
[PR]
by aichi-sumi | 2008-11-04 21:15 | 会員の皆様へ
<< 美浜で備長炭を焼きます サンライズヒルフェスティバル中... >>




あいち炭やきの会のブログです。あいち炭やきの会は登録制の会です。愛知県周辺の炭生産者、炭消費者などが参加しています。
by aichi-sumi
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧