<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あいち炭やきの会規約

(名称)
第一条 この会は、あいち炭やきの会(以下「炭やきの会」という)という。

(事務所)
第二条 この会は、事務所を名古屋市東区主税町3-15-1に置く。(会長宅に置く)

(目的)
第三条 炭やきの会は、会員相互の親睦と資源の有効利用を図るとともに、炭及び木、竹酢液等に対する会員の知識の向上と農林業の活性化を促進し、環境面における新たな需要を拡大することを目的とする。

(事業)
第四条 炭やきの会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1、炭やきの生産、販売向上のための調査研究及び情報交換
2、その他本会の目的達成のために必要な事項に関すること

(会員)
第五条 炭やきの会は、愛知県内等(現在は愛知県外も含む)において、炭やき活動を行っている者及びこの規約に賛同するものをもって構成する。
2、炭やきの会に加入しようとするものは、その旨を買いに申し出て加入承認を得たのちに会員となることができる。
3、会員は、個人会員並びに団体・法人会員とする。

(会費)
第六条 炭やきの会の会員は、会費を納入しなければならない。
2、会費は個人会員については年額2,000円、団体・法人会員については年額10,000円とし、毎年納入するものとする。

(役員)
第七条 炭やきの会に次の役員を置く。
 一 会 長 1名
 二 副会長 4名
 三 理 事 13名(うち庶務担当理事1名、会計担当理事1名)
 四 監 事 2名
2、この会は、顧問及び相談役を置くことができる。
3、役員は、総会において選出する。

(役員の職務)
第八条 役員の職務は、次のとおりとする。
 (1)会長は、本会を代表し会務を総理する
 (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理する
 (3)理事は、会務を掌理する
 (4)監事は、本会の会計状況を監査する
 (5)庶務会計は、理事の中よりこれを充てる

(役員の任期)
第九条 役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。
2、役員に欠員を生じた場合の補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会議)
第十条 炭やきの会の会議は、総会及び役員会とし、会長がこれを召集し議長となる。
2、総会は、毎年1回これを開催する。ただし、会長が必要と認めたときは、臨時総会を開催することができる。
3、役員会は、会長が必要と認めたとき開催する。
4、総会の附議事項は、次のとおりする。
 (1)規約の変更
 (2)役員の選任及び解任
 (3)事業計画及び予算の決定
 (4)事業報告及び収支予算の承認
 (5)会運営の具体的方針の決定
 (6)その他役員会において必要と認めた事項
5、役員会の附議事項は、次のとおりとする。
 (1)総会に附議する議案及び総会より委任された事項
 (2)その他業務遂行上必要な事項

(年度)
第十一条 炭やきの会の事業及び会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。

(委任)
第十二条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は役員会に諮って定めるものとする。


附則  この規約は、平成15年9月28日から施行する。
[PR]
by aichi-sumi | 2007-05-28 18:27 | あいち炭やきの会規約

「あいち炭やきの会」趣意書

 かつて、日本中の山には炭やきの煙がたなびいていましたが、石炭、石油など化石燃料の出現と共に、燃料革命が起こり、炭やき産業は年々衰退し、日常生活の場からも炭は、姿を消しました。

 ところが、21世紀に入り、地球環境の悪化、健康への不安から炭の効用が見直され、消えつつあると見られた炭やきが、今静かなブームとなっています。産業としては、細々と続けられていた炭やきに、日が当たり始めています。

 炭は、今燃料としての価値より、地球温暖化防止や環境改善、健康増進のための有効性が認められてきています。

 炭を利用し、森の再生や河川浄化をする人々、環境型農業に利用したり、炭製品を加工し、用途を広める人々、炭オブジェを作り、身体・部屋の装飾に活用する人々など、多くの人が住みの無限の可能性を秘めた魅力と価値に気づいています。このように、炭やきの多面的な効用を考えると、まさに、「炭やきは地球を救う」というスローガンが大げさではないことが実証されつつあります。


 愛知県内には炭窯が300ほどあるのでは、と言われていますが、炭材の種類、焼き方など地域ごとに特徴があります。また、炭やきさんはそれぞれこだわりを持ち、良い炭をやくためにそれぞれ研究をしておられます。特に経験の浅い人は、人伝えに、炭やきさんを訪ね、炭やき技術を磨いています。また、近年の高齢社会で、元気な熟年層が生きがいとして、趣味として炭やきを始める人々も増えてまいりました。


 そこで、この度、愛知県内で、炭焼き窯を持って活動している人々や炭やきや炭製品に関心を持っている人たちのネットワークを作り、情報の交換や互いの交流を深める目的で「あいち炭やきの会」を結成することと致しました。

 愛知県内の炭やきに関係する人々が連携を取ることにより、一人ではできなかったことを可能にする。2年後の愛・地球博では、炭やきこそ、地球を救うことが認知されるチャンスが来る事などを期待しています。

 日本の誇る伝統技術であり、生活文化でもある炭やきを守り育てるために、「あいち炭やきの会」が皆さんのご参加により実現し、炭やきの可能性が一層広がることを期待しています。この趣旨にご賛同戴き、多くの皆様のご入会をお待ちいたしております。
(平成15年秋)
[PR]
by aichi-sumi | 2007-05-28 17:57 | 入会のご案内

入会のご案内

【入会の資格】
愛知県および周辺県において炭やきに興味・関心のある方ならどなたでも入会できます。

【会費】
個人会員は年額2,000円、法人会員は年額10,000円です。

【主な事業内容】
炭やきに興味・関心のある方のご要望にこたえるために、次のことを行います。
○会員相互の交流会(総会を含む)、見学会、研修会
○初心者への炭やき指導
○炭やきに関する何でも相談
○新用途木・竹酢液の効用と使用方法
○炭や木・竹酢液の販売斡旋
○すみ製品の品質試験と評価
○炭やきグッズの販売斡旋 等
[PR]
by aichi-sumi | 2007-05-28 17:44 | 入会のご案内




あいち炭やきの会のブログです。あいち炭やきの会は登録制の会です。愛知県周辺の炭生産者、炭消費者などが参加しています。
by aichi-sumi
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧